【エントリー製品一覧】  会場で仕入れができます!
展示会会期:2018年7月4日(水)~6日(金)10:00-18:00(最終日のみ17:00終了)
会場:東京ビッグサイト
Company Name
KYOGO
Product Name
西陣織インテリアファブリック「Miwaku001」
Category: インテリアファブリック Feature: 日本製
Material: 絹糸、金箔糸 Size: H200 x W135 x D0.1 (cm)
Price 348160円(税抜)

伝統技術を駆使した西陣織インテリアファブリックです。
日本の伝統文様である麻の葉文様をモチーフにしつつも、まるで洗練された幾何学模様を描いたような光輝く織物は息を呑むほどの神秘的な美しさを放ちます。
Product Summary, Message, Story and Episode:
平安京以前より京都で織られてきた西陣織。その意匠と技術は1200年以上に渡って磨き続けられ、代々受け継がれてきました。その中で150年以上前に創業し、伝統建築の装飾品を手掛けてきた西陣織メーカーが、西陣織の可能性を広げるべく立ち上げたブランドがKYOGOです。

■西陣織の特徴を活かした織物素材
先染め織物を特徴とする西陣織は、染色された糸の織り方で柄を出していくので立体感が生まれ、それが独特の美しい風合いとなります。一口に織り方といっても数えきれない程のパターンの織り方が存在する中で1つ1つの柄に最適な織り方を選択し組み合わせていく作業は、非常に高い技術と知識・経験を必要とし、真に美しい織物はまさに熟練の技なしでは織ることはできません。また西陣織では金糸・銀糸を扱うことも多いので金糸・銀糸を使った織りの技術にも長けています。KYOGOではそれらの特徴を最大限活かして、見る角度や光の当たり具合で表情を大きく変えて光輝く織物を計画的に生み出しています。

■Miwaku001の特徴と技術
金の箔糸を用いて織り方だけで重なり合う4層の線を表現することで奥行感が出ると同時に、見る角度や照明の当たり具合で表情を大きく変えるように緻密に設計され織られています。箔糸も上品に光るような種類・太さの糸を厳選して採用しています。
そのように緻密かつ繊細で、幅135~145cmにも及ぶ迫力あるサイズの1枚ものの織物を織ることができるところは国内だけでなく世界を見渡しても滅多にありません。

■用途
織物独特の美麗さで空間を優雅に彩るインテリアファブリックとして織物壁紙、ファブリックパネル、カーテン生地、ソファー生地などとしてご利用いただけます。

前に戻る

次へ